横須賀学院中学校・高等学校部活動の在り方に関する方針
 

 ■本方針策定の趣旨等

 
  • 部活動は、共通の興味・関心を持つ生徒たちの自主的・自発的な参加により組織され、活動するものである。その中で、個性の伸長や自主性、協調性、責任感、連帯感などを養い、互いに協力し合い、より良い人間関係を構築するものである。また、学校教育の一環として、教育課程との関連を図りながら実施しなければならない。この様に教育的価値の高い部活動の在り方について、スポーツ障害やバーンアウトの予防、バランスのとれた生活と成長の確保など、様々な観点に立ち、併せて教員の働き方改革にも資するよう、平成30年3月にスポーツ庁において、「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」が策定され、同年12月に文化庁による「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」が策定された。神奈川県では、国のガイドラインを受け、県としての「部活動の在り方に関する方針」がそれぞれ策定された。
     
  • 本校では、国のガイドラインに則り、県の方針を参考に、本方針を策定した。この方針では、原則的に運動部と文化部の活動を区別することなく適応することとした。
 

1. 適切な運営のための体制整備

 
(1) 部活動の方針の策定等
    ア 本校の教育目標等を踏まえ、学校組織全体で部活動の指導の目標や運営の方針を検討し作成する。
    イ 顧問の教員及び部活動コーチ(以下「コーチ」という。)は、適切な活動を推進するため、目標や運営の方針等を検討し
       作成するよう努める。
    ウ 活動時間や場所、年間の経費等については、保護者・生徒に明示し理解を得る。その際、保護者説明会等を設けるなど、
       適切な機会を捉えて説明することが望ましいと考えている。

(2) 指導・運営に係る体制の構築

    ア 部活動は、顧問、コーチの積極的な取り組みに支えられるところが大きいが、学校教育の一環として行われることから、
       各部活動の運営、指導は校長の適切な管理・指導のもとで行うこと。
    イ 部活動顧問は複数顧問制とし、顧問間やコーチと役割を分担して、生徒の活動が充実するよう努めること。
    ウ 日常の運営、指導に関して、校長の指導・監督のもと、顧問の間で意見交換を行い、指導の内容や方法について研究する
       とともに、情報共有を図るよう努めること。
    
    エ 顧問には、部の運営や活動に係る部員の生活指導、技術指導など、多岐にわたる役割があることを踏まえ、指導方針や
       部の目標を明確にし、その達成のために生徒を支援すること。
    オ 年間指導計画及び活動実績の確認等により、各部活動の活動状況を把握し、生徒が安全に部活動を行い、また、教員の
       負担が過度にならないように、必要に応じて指導・是正を行うこと。
 
2. 合理的でかつ効率的・効果的な活動の推進のための取り組み
 

 顧問は、過去の実績や経験によるものだけではなく、科学的かつ合理的理論に基づいて指導することが求められる。また、生徒の発達段階、技術レベルに合わせた指導により、卒業後も活動を継続できるよう、心身ともに安全・安心な活動として留意することが重要である。さらに、生徒それぞれの興味・関心や体力、技術等に応じて、自主的・自発的に部活動を楽しめるような環境を整備し、けがや事故の未然防止や熱中症、光化学スモッグ等の事故防止に努めるとともに、体罰・ハラスメントを根絶することが重要である。

 

3. 適切な休養日の設定

 

 部活動においては、成長期にある生徒のスポーツ障害やバーンアウトを予防するとともに、運動、食事、休養及び睡眠のバランスのとれた生活を送ることができるように設定する。設定に当たって、過度な練習が生徒の心身に負担を与え、部活動以外の様々な活動に参加する機会を奪うことや、特に運動部活動については、スポーツ医・科学の観点からジュニア期におけるスポーツ活動時間に関する研究で、休養日について示されていることを考慮する。
 上記のことを踏まえ、適切な休養日等の設定については、本校では原則として、下記のような規定を設けることとする。 ア 活動時間は、平日は放課後より下校時間(17時30分)までとする。
 但し、高等学校については、必要な場合に限り、顧問付き添いの上、18時30分までの残留が認められる。この場合は、複数顧問制を極力活かし、週の中で交替制とする。土日、祝日の活動は、事前の届け出と顧問の付き添いが必要。活動時間は極力3時間以内とする


    
イ 週の活動については、平日1日及び土日いずれか1日の活動禁止を大きな枠組みとする。但し、公式大会当日及び公式大会
       1週間前、文化スポーツ推薦部活はこの限りではない。但し、その場合には年間での休養調整を図る。(日曜日の午前中は
       公式大会以外活動禁止)。
    ウ 長期休業中の活動は、学期中に準ずるものとする。 
    エ 定期試験1週間前は、活動禁止。但し、1週間以内に公式大会が行われる場合、又はそれに準ずる場合は届け出により、
       校長が状況に応じて判断し許可する。
    オ 早朝練習は、顧問の付き添いが必要である。その際は、生徒の健康管理に十分留意する。

 

4. 生徒のニーズを踏まえた活動環境の整備

 

(1) 生徒のニーズを踏まえた部活動の設置

 部活動は、生徒一人ひとり興味・関心に応じて行われるものであることから、「技能を高めたい」、「良い結果を出したい」、「体力を向上させたい」、「有意義な時間を過ごしたい」、「仲の良い友達を作りたい」など、生徒の様々な目的や目標に応じた活動の場を設定することが大切である。本校においては、「競技力・表現力向上志向」、「レクリエーション志向」、「健康志向」、「複数部活動志向」など多様な選択肢の部活動を設定するなど、大会やコンクールの結果や成績等を追求するだけでなく、生涯にわたってスポーツや文化的な活動に親しむ基礎を培うことや生徒の心身の調和のとれた発達を促すことができるよう活動環境の整備に努めることとする。

(2) 地域との連携等

  本校では、生徒のスポーツ・文化的な活動の環境の充実の観点から、学校や地域の実態に応じて、地域の関係団体との連携、保護者の理解と協力、民間事業者の活用等による、学校と地域が共に子供を育てるという視点に立った、学校と地域が協働・融合した形での地域における環境整備に努めることとする。
 また、学校と地域・保護者が共に子どもの健全な成長のための教育、スポーツ・文化的な活動の環境の充実を支援するパートナーという考え方のもとで、こうした取組を推進することについて、保護者の理解と協力を促すこととする。

 
5.取り組みの検証
 

 本指針に示す本校部活動に係る取組については、2019年度中に取組状況を把握し、検証するとともにその結果をふまえて、必要な改善を図っていくものとする。

 

6. 働き方改革の一環としての教職員(顧問)の勤務の軽減について

 

  健康面、教科指導面、自己の生活面等々のバランスのとれた働き方を実施していくために、進路指導アドバイザー、部活動指導アドバイザー等を採用し、配置することにより、教職員の心身ともに充実した教員生活を過ごせるように努める。

 

7. 見直し

 

 この方針は、必要に応じて見直しを行う。
 附則 この方針は、2019年4月1日から施行する。


 
横須賀学院中学校・高等学校 学校長 川名  稔