クラブ活動報告

 

柔道部活動報告(2021年6月11日~)

■令和3年度 第69回関東高等学校柔道大会
【団体の部】2021年6月11日(金)〜13日(日)山梨県小瀬スポーツ公園武道館
      ※コロナの影響により、個人の部は開催中止。
ベスト16 横須賀学院
メンバー 青木心音(2-13)三上永愛(3-10)藤島歩未(3-11)井上 桜(3-10)笹原芽依(3-11)

1回戦 横須賀学院(神奈川) ○2−0 大宮東(埼玉)
  青木心音(2-13)○合わせ技 森田
  三上永愛(3-10) 引き分け 菅原
  井上 桜(3-10)○ 内股  大前

2回戦 横須賀学院(神奈川) 1−1○ 帝京(東京)※内容差
  青木心音(2-13) 引き分け 鈴木
  藤島歩未(3-11)○ 僅差  山崎
  井上 桜(3-10) 払巻込○ 大前

 東京チャンピオンの帝京高校を相手にギリギリの戦いを展開できました。勝つチャンスは十分にありましたが、勝負への甘さが命取りとなりました。それでも本校は、まだまだ今回出場した選手と同レベルの選手たちが控えています。層の厚さの中でしっかりと練習を積み、残されたチャンスを生かしたいと思います。

 

■第55回 神奈川県高等学校総合体育大会 兼 令和3年度 全国高等学校総合体育大会 柔道競技 
  第70回 全国高等学校柔道大会 神奈川県予選会

【女子団体の部】2021年6月19日(土)神奈川県立武道館
準優勝 横須賀学院 
メンバー 井上 桜(3-10)笹原芽依(3-11)千葉むつみ(2-12)横山七海(1-12)
  準々決勝 横須賀学院 ③−0 白鵬女子
  準決勝  横須賀学院 ②−1 相洋
  決勝   横須賀学院 1-② 桐蔭学園

 全国中学チャンピオンを揃えた桐蔭学園とがっぷり四つのオーダーで臨みましたが、ライバルの確実性の高さに敗れました。決勝は先鋒・千葉がしっかりと一本を取ってくれましたが、それを守ろうとする気持ちが後続の3年生の弱気を生んでしまったと思います。チャレンジャーとしてもっと「奪い取る気迫」が必要でした。心技体で言えば「心」の部分の差。それはある意味では「完敗」と言えるかもしれません。接戦に甘えず、厳しく反省していきたいと思います。

■JOCジュニアオリンピックカップ
全日本ジュニア柔道体重別選手権大会関東地区予選
2021年7月3日(土)〜4日(日)埼玉県立武道館
※21歳未満、大学3年生までが出場する大会。3位までが全日本大会に進出。

▼本校選手の結果
  48Kg級 藤島歩未(3-11)初戦敗退
  48kg級 佐藤颯姫(2-13)3回戦敗退(敗者復活戦初戦敗退)
  52kg級 福元稲穂(1-8)3回戦敗退(敗者復活戦初戦敗退)
  57kg級 青木心音(2-13)初戦敗退
  63kg級 笹原芽依(3-11)初戦敗退
  70kg級 井上桜(3-10)2回戦敗退
  78kg級 千葉むつみ(2-12)3回戦敗退(敗者復活戦2回戦敗退)
  78kg級 木下聖音(1-9)3回戦敗退(敗者復活戦2回戦敗退)
  78kg超級 酒井梨里花(1-13)初戦敗退

 全日本ジュニアへの代表を生み出せなかった以上、今回の大会は「敗北」と捉えざるを得ません。大学3年生までが出場できる大会ですので、もちろん「実力差」と捉えることもできますが、今大会では、本校の多くの選手が実力を出し切る前に敗れたと感じています。実力は十分についているのに、対戦相手の過去の実績に震え、力を出しきれない試合が続いています。自分に自信を持つために、まずは我々の普段の稽古を信じて欲しいと思います。

 

■令和3年度 全国高等学校総合体育大会 柔道競技
 第70回 全国高等学校柔道大会

【女子個人の部】2021年8月12日(木)
  インターハイ。本校からの出場選手3名は県内最多。

70kg級 井上桜(3-10)ベスト16
   井上 ○合わせ技 菅原(愛媛・今治明徳)
      崩上四方固○高橋(宮城・東北)
78kg級 千葉むつみ(2-12)5位
   千葉 ○合わせ技 奥谷(鳥取・倉吉北)
      ○合わせ技 丹羽(北海道・北海)
      ○合わせ技 山下(長野・松商学園)
      小外掛○ 杉村(滋賀・比叡山)
78kg超級 酒井梨里花(1-13)初戦敗退
   酒井  技あり○ 打矢(秋田・本荘)

 それぞれ立派に戦いましたが、それぞれに「あと一つ」勝てた大会でした。詰めの甘さはチームの甘さでもあります。今後の稽古の課題が見えてくる試合でもありました。もっともっと上を目指していこうと思います。


■神奈川県高等学校新人大会
【女子個人の部】2021年11月6日(土)
※高校入学後、各予選を勝ち抜いて全国大会や関東大会に出場した選手には出場資格がないため、本校からは2名のみの出場。

軽量級 準優勝 島田栞那(2-11)
中量級 第3位 横山七海(1-12)

出場した2名は、もちろん優勝を目指して戦いましたが、それぞれ攻撃的な試合展開の中で犯したミス
が敗因となりました。それでも反省と自信の両方を持ち帰れた内容のある試合でした。次のチャンスで
のジャンプ・アップに期待します。                                         

(顧問 濵名 淳)
 

 
 空手道部(2021年6月11日~)
 

◎令和三年度 第50回関東高等学校空手道大会 神奈川県予選
 〔会場:横須賀学院・5/3(月)、5/4(火)〕
 ◆女子個人組手 松田 明香里(3-5) 第3位  関東大会出場
         山岸 桃子(3-2)   ベスト8
 ◇女子個人形  真鍋 百花(2-12)  第3位  関東大会出場

◎令和三年度 第50回関東高等学校 空手道大会
 〔会場:成田市中台運動公園(千葉県)・6/11(金)~6/13(日)〕
 ◆女子個人組手 松田 明香里(3-5) ベスト8入賞

◎令和三年度 全国高等学校総合体育大会空手道競技 神奈川県予選
 〔会場:横浜創学館高校・5/30(日)、6/20(日)〕
  ◆女子個人組手 山岸 桃子(3-2)   ベスト8
  ◇男子個人組手 西村 嘉凜(3-8)   ベスト8
  ◆女子個人形  真鍋 百花(2-12)  優勝  インターハイ出場

◎第47回全国高等学校空手道大会(インターハイ)
 
◆女子個人形  真鍋 百花(2-12)  ベスト16

◎令和三年度 第30回関東高等学校空手道選抜大会 
  神奈川県予選新人大会

 〔会場:相洋高校10/31(日)・11/14(日)、
     横浜創学館11/6(土)・11/7(日)〕

 ◆女子個人形  真鍋 百花(2-12)  優勝  
  春の全国選抜大会出場権獲得

 ◇男子個人形 ベスト8 春山 海月
 ・女子個人組手-48kg級 ベスト8 高崎 優菜(2-2)
 ・女子個人組手-59kg級 第3位  山田 萌花(1-10) 
 ・男子個人組手-55kg級 ベスト8 元田 虎志郎(1-8)
 ・男子個人組手-76kg級 第3位  鷹橋 知哉(2-12)


     
 

 昨年度の3年生は関東大会・インターハイを含むすべての公式大会が中止となり、その先 輩たちの悔しさも胸に、今年度の大会に挑んでまいりました。関東大会では3年生としてチームを牽引してきた松田が強豪を立て続けに破りベスト8入賞を果たしてくれ、卒業生たちの思いをしっかりと試合で体現してくれました。また、女子個人形では真鍋が本校空手道部としては9年ぶりの県内チャンピオンとなり、インターハイに出場してきました。結果はベスト16、あと一歩上に行きたかった気持ちがありますが、周りはほとんど3年生の中、2年生ながらの入賞は立派。来年こそは「全国制覇」をと本人も強く意識できる大会となりました。
 新チームとなって初の公式戦となった新人大会では、個人で優勝1人・3位が2人とコン スタントに入賞をできるようになってきたものの、団体戦では勝ちきれず悔しい結果となりました。女子個人形で夏に続き優勝を果たした真鍋は、1月に行われる関東選抜大会・3月に行われる全国選抜大会の「推薦出場権」を獲得してくれました。(夏のインターハイベスト16と今回の新人大会優勝を受けて連盟より推薦) 次はチーム全体で勝ち切れるように、顧問・コーチ・選手・マネージャー・保護者、五味一体となって、これからも精進してまいりますので応援よろしくお願い致します。          

【顧問 佐藤光介】