空手道部

〜令和 3年度 第50回関東高等学校 空手道大会み〜

 

〔会場:中台運動公園体育館(千葉県成田市)・6/11(金)~6/13(日)〕
  ・女子個人形  真鍋百花  第1Round敗退
  ・女子個人組手 松田明香里 
1回戦(対 高崎商業高校:群馬) 5-2 勝利
2回戦(対 日本航空高校:山梨)  5-3 勝利
準々決勝(対 柏日体高校:千葉) 0-8 敗退

◎第59回 神奈川県高等学校総合体育大会空手道競技 兼
令和 3年度 全国高等学校総合体育大会空手道競技 神奈川県予選
〔会場:横浜創学館高校・5/30(日)、6/20(日)〕
 ・女子個人形  優勝    真鍋百花(2-12)
・女子個人組手 ベスト8  山岸桃子(3-2)
・男子個人組手 ベスト8  西村嘉凜(3-8)
・女子団体組手 ベスト8 
  メンバー:山岸桃子(3-2),松田明香里(3-5),高崎優菜(2-2),鹿嶌桃子(2-9)
       三田茉宙(1-4),川邊 昊(1-7),立澤 舞(1-9),山田萌花(1-10)
マネージャー・菊地美里(3-8)
 ・男子団体組手 ベスト8
  メンバー:立元宏樹(3-2),西村嘉凜(3-8),石井海那大(3-11),山崎永斗(2-10)
              鷹橋知哉(2-12), 山田幸典(2-11)

コロナ禍の中、2年ぶりにおこなわれた関東大会県予選を勝ち抜き、神奈川県女子代表として個人形と個人組手の2種目で関東大会に出場してきました。
 
 女子個人形に出場した2年生の真鍋は、春に出場した全国選抜大会で得た反省点を生かし、関東大会に挑みましたが...惜しくも上位4名に入ることが出来ず敗退。しかしながら、やっぱり負けた試合にはそれなりの課題と反省があり、多くの学びがあります。今回の関東大会でも、たくさんの “強くなるための材料” を得ることができたので、インターハイ予選に向けて、また稽古に励むのみです。
 女子個人組手に出場した3年生の本校のエース部員は、初出場ながら堂々のベスト8入賞。特に、2回戦では劣勢の状態から上段回し蹴りを決めて逆転勝利するなど、素晴らしい戦いぶりとチームモットー通りの笑顔を見せてくれました。試合当日、コロナ対策として入場制限があったため会場に応援に来ることができなかった部員たちは、LIVE配信を教室の電子黒板で観戦し、大盛り上がりだったそうです(笑)LIVE配信に力を貸してくださった関係者の方々には、感謝の言葉しかありません。
 関東大会の翌週、インターハイ予選がおこなわれました。本校空手道部としては2012年以来9年ぶり、女子個人形ではなんと“15年ぶり”のインターハイ出場権を獲得。これも、ここまでの礎を築いてきてくれたOBOGたちの力、いつも応援してくださっている保護者・関係者の皆さんの尽力、そして何より「本人の努力」が実り、このような結果が得られたのだと思います。
 組手は個人・団体ともにあと一歩二歩及ばず…悔しい結果となってしまいました。
 個人組手では男女ともに決勝進出選手に惜敗。そこを乗り越えていれば…と考えてしまいますが、スポーツに「たられば」は禁物。しっかりと反省点を捉えて、次の大会へ向けて切り替えるだけです。
 県内では多くの3年生がこのインターハイ予選で 引退 を迎える中、本校空手道部にそもそも“引退する”という概念はありません。7/25(日)に行われる横三地区大会で1つの区切りを迎えますが、それは「大学受験に向けて長期の勉強休み期間に入る」というだけなので、勉強にも全力で取り組んでほしいと思います。
 インターハイに出場する2年生女子部員は、先日行われた関東選手権大会でも高校生女子個人形で準優勝という好成績を残してくれました!インターハイに向けて、いい弾みがつくとともに、新しい課題を見つけることができた機会となりました。本番も頑張りたいと思います。
 
 
 
【顧問 佐藤光介】