◆柔道部活動報告◆
  (2021年4月1日~6月5日)

■令和3年度 第69回関東高等学校柔道大会神奈川県予選会 

 

【女子個人の部】2021年4月24日(土)神奈川県立武道館

※女子7階級。本年度関東本大会は縮小開催で個人戦中止だが、県大会は行われた。

▼本校選手の結果
48㎏級 3位・藤島歩未(3-11) 3位・佐藤颯姫(2-13)
52㎏級 3位・三上永愛(3-10)
5位・長谷川愛海(2-12) 5位・福元稲穂(1-8)
57㎏級 優勝・青木心音(2-13) 
63㎏級 2位・笹原芽依(3-11) 5位・渡邉風(3-11)
70㎏級 2位・横山七海(1-12) 
3位・濵名杏子(3-A) 3位・井上桜(3-10)
78㎏級 2位・木下聖音(1-9) 
78㎏超級 優勝・酒井梨里花(1-13)

★青木心音(2-13)酒井梨里花(1-13)の2名が優勝。

 本大会での個人戦中止が決定している中、個人予選が実施されました。本来ならば、2位までの5人が関東大会に進出していたところです。歩みは決して早くありませんが、着実に前進しています。

【女子団体の部】2021年5月1日(土)神奈川県立武道館

※3人戦(前2人は57kg以下、大将は無差別)で争われる。上位5校が関東大会に進出。

第2位 横須賀学院  関東大会出場決定
メンバー 
先鋒・青木心音(2-13) 中堅・藤島歩未(3-11) 大将・井上桜(3-10)
補欠 軽量・三上永愛(3-10)※準決勝から出場 重量・笹原芽依(3-11)

★6月11日(土)〜13日(月)山梨県小瀬スポーツ公園武道館で行われる関東高校柔道大会への出場が決定。

 団体戦のみで行われる関東高校柔道大会への出場権を獲得しました。準優勝とはいえ、初戦から接戦を勝ち抜いての結果です。まだまだ実力不足ですが、「勝負強さが身についてきた」といえるかもしれません。決勝では「光」を見いだせたと感じています。ここからです。頑張ります。

 
■第55回 神奈川県高等学校総合体育大会
兼 令和3年度 全国高等学校総合体育大会 柔道競技
第70回 全国高等学校柔道大会 神奈川県予選会
 
【女子個人の部】2021年5月15日(土)鎌倉武道館

※いわゆるインターハイ。女子7階級で争われる。
優勝者は8月に行われる全国大会に出場。 ▼本校選手の結果
48㎏級 2位・藤島歩未(3-11) 3位・佐藤颯姫(2-13)
52㎏級 3位・三上永愛(3-10) 5位・福元稲穂(1-8)
57㎏級 3位・青木心音(2-13) 3位・青木美香(3-10)
63㎏級 3位・笹原芽依(3-11) 5位・渡邉風(3-11)
70㎏級 優勝・井上桜(3-10)
3位・濵名杏子(3-A) 3位・横山七海(1-12) 
78㎏級 優勝・千葉むつみ(2-12) 2位・木下聖音(1-9) 
78㎏超級 優勝・酒井梨里花(1-13) ★井上桜(3-10)・千葉むつみ(2-12)・酒井梨里花(1-13)の3名が8月8日(日)~12日(木)長野県長野市真島総合スポーツアリーナ(ホワイトリンク)で行われる全国高校総体(インターハイ)に出場する。7名の県代表のうち3名の代表は最大数(横須賀3、三浦2、桐蔭1、相洋1)となる。

 コロナによる準備不足の影響で、代表者を1名も出せなかった春の全国高校選手大会県予選での敗戦の屈辱を胸に、この数か月、「何ができるか」を考え抜いて準備してきた甲斐がありました。IH出場を勝ち取った3名はそれぞれに素晴らしい経験ができたと思います。特に井上が決勝で破った相手は、春の全国大会無差別級3位、IHの70㎏級では全国でも優勝候補筆頭にあげられるスーパースターです。きちんと考え、その考えに従って準備し、それを確実に遂行して大きな勝利をもぎ取った姿は、チームに大きな感動と勇気を与えてくれました。優勝した3名以外の部員も、確かな成長を感じさせてくれました。それでも、勝負は一瞬。良い戦いをしながらも敗れた部員たちは悔しさもひとしおでしょう。横須賀学院の看板ともいえる軽量級での代表を生み出せなかったのですから、チームとしては、この春からのどの試合の成果も「敗戦」ととらえています。とはいえ全国屈指のレベルといわれる神奈川県で3つの代表権を確保できたことは私たちに自信を取り戻させてくれました。今季もまだ残されたチャンスがあります。愚直に頑張ります。
 

■JOCジュニアオリンピックカップ

全日本ジュニア柔道体重別選手権大会神奈川県予選
2021年6月5日(土)神奈川県立武道館
※21歳未満、大学3年生までが出場する大会。3位までが関東予選に進出。 ▼本校選手の結果
48Kg級3位 藤島歩未(3-11)、52kg級 佐藤颯姫(2-13)
52kg級3位 福元稲穂(1-8)、
57kg級2位 青木心音(2-13)、
63kg級3位 笹原芽依(3-11)、
70kg級3位 井上桜(3-10)、70kg級 横山七海(1-12)
78kg級優勝 千葉むつみ(2-12)、78kg級2位 木下聖音(1-9)
78kg超級2位 酒井梨里花(1-13)
☆3位以内の8名(4位は補欠)7月4日、埼玉県武道館で行われる関東ジュニア柔道体重別大会に出場する。
 
 優勝1名、3位以内の8名が関東ジュニアへの出場権を獲得しました。8人の代表は所属ごとでは最多となり大学生や、ライバル高校を大きく上回りました。3月にはとても考えられなかった大躍進です。部員たちの努力の賜物と受け止めています。ようやく横須賀学院らしい戦いができるレベルにたどりつきつつあります。まだまだ強くなれそうなので、インターハイ本番を目標に頑張ります。
(顧問 濵名 淳)