◆ 入学式・オリエンテーション実施報告 ◆
   
   

2021年4月7日 横須賀学院高等学校では71期生として597名の新入生を迎え、入学式を行いました。
緊急事態宣言は解除されたものの、依然として新型コロナウイルス感染症をめぐる状況が予断を許さない中、
本校では神奈川県教育委員会の示す指針をふまえて、感染症対策を講じた上での式典の開催となりました。

   

大チャペルで行われた入学式では、新入生を2つのグループに分割して生徒間の距離を保った状態での式を行いました。
また、新入生と教職員のみによる式典の実施となったことから、保護者を対象に入学式の様子のライブ配信を実施しました。
当日の映像は一定期間アーカイブとして保護者に向けて公開もしており、
様々な働き方で日々生徒と本校を支えて下さるご家庭のニーズにも応えます。

   

4月5日から9日の期間には、新入生を対象に、
高校生活を送る際の学習/課外活動/生活の面での案内を行うガイダンスをクラスごとに実施しています。
中学校と高校では生活環境、学習環境が大きな変化をする中で、新入生が心身両面から安心して高校生活をスタートすることのできるよう
学年スタッフを中心として教職員一丸となって生徒をサポートしてまいります。

   

また、71期生より学年全生徒を対象としたiPad等の導入が開始されました。
生徒は、校内はもちろん、自宅での学習活動にもこれらの端末を積極的に活用していきます。

71期生を迎えた高等学校はこれまで最大の生徒数を擁することとなりました。
大規模校のスケールメリットや、多様な生徒、教員の個性を十分に生かしつつ、
ICTの積極的な活用と推進をはじめ、様々な工夫をこらして、
引き続き本校の校是の一つである「賜物(タラントン)をいかす」ことを大切に
ひとりひとりの生徒の資質・能力に寄り添い、励ます教育活動に邁進してまいります。

   
(学年主任 山田裕子先生より)  

597名の新入生を迎えることができました。71期は15クラスを擁する大きな規模の学年です。
学年目標である「あいさつ/感謝/たすけあい」を大切に、生徒、教職員、保護者の三者で
互いに支えあい、生徒の充実した三年間の学校生活の実現と希望する進路目標の達成を目指します。
新入生の様々な期待に応えるべく、今後もいっそうの教育活動の充実に向けて力を尽くしてまいります。