2017.03.13 今日の学院小

6年生 小学校・中学高等学校 連携授業

6年生の教室では、4月からの中学校生活に向けて、この時期、小学校と中学・高等学校との連携授業を行っています。

4月からお世話になる中学・高等学校の先生に、中学校での学習を見据え授業をしていただきます。

国語は、俳句をみんなで楽しむ時間を持っていただきました。少し暖かくなった学院内の広いキャンパスを自由に歩き、季節や自然を感じて、俳句の題材を探しました。とっても素敵な俳句が完成し、最後に俳句の発表会を行いました。

1

2

3

算数は、中学校から「数学」に変わります。小学校でやってきたことをもとに、授業が進められていきます。「方程式」などという言葉が出てきて、ちょっと気が引き締まる思いでした。何ひとつ聞きもらしてはならないと、しっかり集中して、あっという間の時間となりました。

1

2

体育は、中学生・高校生が使っている広いアリーナでの授業となりました。中学生になったら、男女分かれての授業です。そんな雰囲気に新鮮味を感じながら、男子はバスケット、女子はフットサルの時間を楽しみました。体力作りの大切さをお話していただいたので、「今晩から、家でトレーニングするぞ~」なんて張り切っている子もいました。

1

2

3

4

理科は、中学・高等学校の校舎にある物理室へ。いつもとは違う「実験室」のような雰囲気にちょっと、ドキドキしながら、楽しく「シャカシャカライト」を作りました。コイルと磁石を使い発電する仕組みです。楽しみながらの理科の勉強となりました。

5

3

4

社会は、情報室でパワーポイントを使って、中学校の社会科についてをお話していただきました。中学校のテストについて、また「授業でやったことはみんなが理解しているものだとして進むんだよ~」なんていうお話もしていただきました。中学3年生でやる「公民」については、「どんなことをやるんだろう?」と頭の中に「?」が浮かんだり、歴史が大好きな子が多い今の6年生は中学2年生でやるもっと深い「歴史」の学習について期待をふくらませていたりするのでした。

6