2018.01.30 行事

4年生 雪の学校

4年生は、3泊4日の日程で、新潟県上越市にある『ゆきだるま高原 キューピットバレイ』へ自然学校に出かけました。横須賀では体験することのできない『雪国の生活』。積雪の多い地域の自然に触れ、また民泊を通して雪国ならではの生活も体験しました。

 

 

 

 

出発当日は、雪のため上野までバスで行くことができず、JR横須賀線・東海道線で上野まで移動しました。大きな荷物を持って満員電車に乗るのは大変なことでしたが、周りの方のことも考え行動できました。キューピットバレイに着いてからは、雪合戦やそりすべりなどの雪遊びを満喫しました。

 

 

 

2日目は、民泊を経験しました。子どもたちがお世話になった民泊先では、それぞれのご家庭で楽しい体験をさせていただきました。

どんど焼き、リースづくり、お箸づくり、温泉、雪遊び、などなど。帰ってきた子どもたちは、おいしかったお食事のこと、遊んだことの思い出話が止まりませんでした!

心温かい民泊先の方々との交わりを通して、雪深い新潟上越での生活を肌で感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

民泊先から戻ってきて、昼食をいただいたあと、午後のプログラムは雪上ハイキング。

今度は雪国の自然に触れる時間です。雪上ハイキングは、雪が降ったままの誰も足を踏み入れていない状態の森をスノーシューをはいて歩きます。

 

 

 

今年度の4年生自然学校 ~雪の学校~ は、大寒波の中、新潟に住んでいらっしゃる方もビックリするくらいの寒さと、大雪の中でしたが、子どもたちは寒さに負けることなく、思う存分雪遊びを楽しみました。

 

最後に、キューピットバレイの皆さま、民泊でお世話になったご家庭の皆さま、雪だるま財団の皆さま、そして上越市の皆さまに、この場をお借りして御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。また9月、一回り大きくなり5年生として自然学校でお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。