2019.11.08 今日の学院小

3年生国語 発表会を開こう

国語の授業で、「みんなはこの横須賀学院小学校が好きかな?」との問いかけから始まりました。

グラフに表すと、「だ~~~~いすき」という子もいたし、「まあまあ」という子も。もちろん、それがみんなの正直な気持ちだから全然構いません。

「そんなみんなが好きだったり、まあまあだったりする私たちの学校のことを誰かに発表するとしたら、どんなことを発表したいかな?」と聞くと、たくさんの意見を出してくれました。

・行事のこと・授業のこと・宿泊行事のこと・放課後のキッズスクエアのこと・先生のこと などなど…

とてもうれしかったのが、「私がこの小学校で大切な友達と出会ったから、友達についてを発表したいな。」と言ってくれたお友達がいたことです。

それぞれ、自分の発表したいことを決め、グループに分かれてどんな発表にするのか話し合いスタートです。

話し合いの仕方についてもここで勉強しました。友達とちょうどよい距離で同じ方向を見た方が話しやすいこと、それぞれの分担が決まったら作業は個々で進められること、なんていうことにも自分たちで気がつくことができました。

先生のことを発表するグループは、緊張しながら職員室の先生の所までインタビューにも行きました。

わかりやすいように、写真や絵、そして地図のコピーなども準備をしてきました。

いよいよ発表会本番です。

聞いている側も興味深々。

聞いている側の評価も、発表者には渡す予定です。

緊張の中、発表会本番は終わりましたが、実は今回はその発表会に向けての『話し合い』の勉強を大切にしてきました。四年生では、iPadを使っての発表も行っています。少しずつレベルアップしていくみんなの成長が楽しみです。