2018.09.19 行事

5年生自然学校

 
5年生は、9月11日(火)~14日(金)の4日間、新潟県上越市雪だるま高原「キューピッドバレイ」へ行ってきました。ここは今年の1月にも、4年生の雪の学校でお世話になったところですが、冬とはすっかり変わった景色にみんな驚いていました。
今回は、直前まで雨の予報でどうなることかとドキドキしていましたが、皆の行いが良いのか、みるみる雨マークも消え、当日は暑過ぎるくらいの晴天に恵まれました。就寝中には嵐のような雨もありましたが、肝心な時には晴れて、全ての行程を素晴らしいお天気の中で行うことができました。みんな幸運ですね、と地元の人も驚いていました。

 さて、4日間どのような旅だったのか、ダイジェストでお伝えいたします。

《1日目》


まずは、学校で出発式。院長先生も駆けつけてくださいました。


しゅっぱ~つ!!


上野に到着。新幹線に乗り換えです。


車内では、とても楽しく過ごしました。

そして、 越後湯沢駅に到着!

お昼ごはんは、焼肉丼にうどん、サラダ、デザートのセット。食べきれないほどのボリュームでしたね!


稲刈り会場(石橋集落)に着いて開校式をしてから、お米についてのレクチャーを受けました。


たくさん刈るぞ~!おぉ~!!


みんな一生懸命刈っていました。稲を束ねるのが難しかったね。泥んこになった人もいました。


最後はみんなで記念撮影。

キューピッドバレイに着いて、美味しい夕食をいただきました。バイキングって、幸せだね!

そのあとは、温泉で一日の疲れを癒しました。気持ちよかったね!


夜の礼拝をして、この日は終了です。

《2日目》


朝の体操・礼拝をして、リフレッシュ!

朝ごはんを食べて、いよいよ民泊先へ出発です!


今回もよろしくお願いいたします!!


それぞれのお宅で、色いろな経験をさせてもらいました。

この日は各民泊先で過ごしました。
最終日の報告会で様々な話を聞かせてくれました。初めて経験したことや、冬にはできなかったことなど盛り沢山でした。
ぜひ、子どもたちからたくさんの思い出話を聞いてください。

《3日目》


さみしいおわかれです。民泊先でお世話になった方へ感謝のあいさつをして、キューピッドバレイへ戻りました。

もっと泊まりたかった~!学校に戻りたくない~!という声がたくさん聞こえてきました。


民泊から帰った後は、まず、グリーンパークの散策(ハイキング)をしました。
植物や生き物に詳しいスタッフの方々に、とても勉強になる説明を受けながら、班ごとに
森の中を歩きました。キウイの祖先や、ブドウに似た実もかじったり、”自然”を味わいました。


この日の昼食には、お待ちかねの「雪室じゃがいも」が出ました。美味しくて、びっくりするほど甘かったですね。


昼食後は、ビオトープで虫やカエルなど、水辺の生き物を夢中になって採集しました。

スタッフの方々からレクチャーも受け、貴重な学びの時となりました。


そのあとは、昆虫館で色いろな生物を見ました。自然と思いきり触れ合う一日となりました。


最後は、雪室の内部に潜入です。8か月ぶりの雪に大興奮でした。


夕食のバイキング。この日の食事もおいしかったですね。


お風呂上りには、「もち米アイス」もご馳走になりました。お風呂あがりのアイスは最高だったね!

《4日目》


朝のゲレンデでする体操は、爽快でしたね。礼拝も行い、朝食へ向かいました。


ここまで美味しいお食事を提供してくれたスタッフの方々へ感謝の気持ちを伝えました。


とうとう終わりの時が近づいてきました。
閉校式で、民泊先での活動や思い出など、班ごとに発表してもらいました。


キューちゃん、ピッドちゃんに見送られ、キューピッドバレイを後にしました。

お昼は美味しいカレーをいただき、学院に向かいました。

バスの中では、レク係による楽しいプログラムが盛りだくさんでした。
みんなを楽しませるために、何日も休み時間を費やしてくれたレク係のみんな、本当にありがとう!

思い出いっぱいの自然学校でした。