2017.11.30 行事

台湾の小学生とビデオ会議を行いました

11月27日、28日の二日間、6年生が台湾の小学生とインターネットを介してビデオ会議を行いました。

台湾の大村國民小学とは昨年度トラベルテディ・プロジェクトを一緒に行いましたが、その後も様々な活動で交流を続けています。

6年A組は横須賀学院小学校のことをクイズにして相手に英語や中国語で問題を出し、「○×」や「三択」で台湾の小学生に答えてもらいました。小学校の創立年、登校時間、制服、校章、近くの建物などクイズにして、台湾の小学生に考えてもらいました。

6年B組は前回は台湾の小学生が作った夜市の動画を見ました。今回は自分たちが小学校の生活について、動画にして紹介しました。自分たちが日頃習う教科や遊び、習い事を自分たちで撮影、編集をして、動画にして紹介しました。

国際交流は、そこにいる相手と直接やりとりをする中で、それぞれの国の生活や文化を学び、相手を思う気持ちが育まれます。

そのツールとして英語があり、実際に英語で交流する経験を通して、子ども達はその必要性を実感できます。また、英語を母語としない国や地域との交流は、英語以外の外国語への興味に繋がると考えています。今後もこの大村國民小学とは交流を続けていきたいと思っています。