2019.09.04 今日の学院小 校長室より

こども哲学ハンドブック

今年度からお世話になっているNPO法人アーダコーダさんが『こども哲学ハンドブック―自由に考え、自由に話す場のつくり方』を贈ってくださいました。

発売されるのは知っていて、発売日を楽しみにしていたので嬉しい限りです。早速一読させていただきました。

我々はすでに体験している「こども哲学」ですが、なんの知識がない人が読んだとしても、こども哲学を展開することができるようなとても具体的な説明が書かれていました。会場の設定の仕方から、集合してから始まるまでの時間の使い方まで、まさに「ハンドブック」でした。

「こども哲学」をするのに資格は必要ないのですから、このハンドブックを片手にあちこちで「こども哲学」の輪が生まれればいいなと思います。