2019.05.14 今日の学院小 校長室より 行事

第二回 こども哲学(2年生)

今日はアーダコーダさんの「こども哲学」2回目です。
こどもたちは、前回も来て下さった方の姿を見かけると、「あ!」っと、嬉しそうに声をかけていました。

今回のテーマは「あそび」について
「これはあそびだと思う?」という問いかけから始まりました。
「しゅくだい」「かんじ」「ドッジボール」「じゃんけん」「てつぼう」「ともだちとはなす」などなど
「あそびだよ」「あそびじゃない!」最初は簡単に思えた分類も、友だちの話を聞いているうちに、どんどんもやもやしてきます。
「すいえいは楽しいけど、つらいからあそびじゃないよ」「でもつらいのもオリンピックに出たいからっていうつらいもあるじゃん。それは悪くないと思う」などなど。

 

 

 

 

 

 

 

今回が前回と違ったのは、場所を移して「じゃあ、実際あそんでみよう」という時間があったこと。こどもたちは、「じゃあ、あそんで」というひとことの間もなく、あっという間にすごい勢いであそびはじめました。

 

 

 

 

 

 

 

そして再び教室にもどって、
「どんなあそびをした?」
「ねこあそび」
「ゴミ拾い!」
「ゴミ拾いはあそびじゃないよ」
「でもいっしょにあそんだよ」
「なんでゴミ拾いはあそびじゃないの?」
今日も、楽しくもやもやして終わりました。
職員室にもどった先生たちも「遊びってなんだ…?」ってもやもやしてました。

 

 

 

ミライ・スクール TRF ETSUさんのイージードゥダンササイズ
申し込みはこちら

https://forms.gle/MLx2yoppEwLQzvf4A