クラブ等活動報告

 

女子柔道部
 
■第40回全国高等学校柔道選手権大会神奈川県予選(個人の部)1月14日(日)神奈川県立武道館
▲渡邉愛子決勝。すべての試合を一本勝ち。力の差を見せつけた。
■本校からの出場者結果
48kg級 優 勝・渡邉愛子(2-5)
52kg級 第3位・岩瀬茉利(2-5)   第5位・井上実緒(1-8)、片野桃南(1-10)
57kg級 第3位・濵名 凪(2-B)   第5位・平野伶奈(1-7)
63kg級 第3位・山田ひまわり(2-5) 第5位・藤森夕樺(2-5) 
※鈴野杏優(1-9)は怪我のため棄権
無差別級(本校からの出場者なし)

 渡邉愛子(2-5)が2連覇達成。春の日本一に挑みます。
 現在の神奈川県は、日本一の激戦区となっています。私たちの新チームは例年に比べて体が小さく無差別級にはエントリーできませんでした。9月以降、苦しい戦いが続いていますが、今大会では確かな成長を感じました。優勝した渡邉は平素から「日本一を狙う」と公言してはばからず、それに見合った努力を重ね、内容も結果もそれに相応しいものを示してくれました。他の選手たちも、今回は優勝には手が届きませんでしたが、4月までには必ず追いつき追い越せる、そういう実感を持つことができたことが今回の収穫だと思います。日々前進を心がけ、春には大きな花を咲かせたいと思います。

(顧問・濵名 淳)

■テニス部
 
(1)横三地区高等学校テニス 一年生ダブルス大会 12/17(日)

23(土)
  [男子]
   優 勝 舞隆乃介(1-1)・西前利紀(1-7)
   第3位 齋藤亮介(1-1)・菊島颯太(1-4)

  [女子]
   優 勝 魚住 蘭(1-5)・河井咲樹(1-9)
   準優勝 北野来芽(1-8)・坂野千夏(1-2)
   第3位 牛島美咲(1-6)・徳永さわ(1-10)

 「男女アベック優勝」を目標に、今大会に臨み、見事にその目標を達成することができました!男子は、準決勝で同士討ちとなり、接戦をものにした舞・西前ペアが決勝も相手に流れを渡すことなく、しっかり勝ち切り、優勝をおさめました。女子は出場した3ペアで横三地区のトップ3を独占することができました!「横須賀学院は強くなっている」ということを男女ともに示すことができ、他校テニス部にも大きなインパクトを与えることができたと思います。

 
(2)横浜ジュニアテニストーナメント 1月初旬~下旬

  [女子]
   平田里佳(2-6) 本戦出場(ベスト16)

 高校生テニスプレーヤー約600名が出場する巨大トーナメントで、平田里佳さんが予選トーナメント6回戦を勝ち抜き、本戦に出場しました。平田さんは、どんなときも情熱を失わず、いつも変わらない態度でコツコツ努力を続けてきました。彼女の不断の努力によって得られた今大会の結果を心から祝福すると同時に、人間として敬意を抱かずにはいられません。本戦では惜しくも一回戦で敗れてしまいましたが、その戦いぶりに多くの仲間が刺激を得ていました。チーム全体に良い影響をもたらしてくれた、素晴らしい戦いとなりました。

 次の大会は3月18日(日)、21日(水祝)の地区団体戦です。「男女アベック優勝」を果たせるよう、これからも一日一日努力を積み重ねていきます。今後とも温かいご声援をよろしくお願いいたします。
(顧問:木村 理志)