ご挨拶

学院の歴史

学院の特色

施設の紹介

年間行事

クラブ活動

 
トップへ

横須賀学院の設立は1950年(昭和25年)青山学院横須賀分校を継承することから始まりました。
米海軍横須賀基地司令官のデッカー大佐は、終戦直後の横須賀に真の平和と民主主義をもたらすために、キリスト教学校による教育改革が必要だと考えました。そして彼との親交が深かった従軍牧師リッカーの依頼を受けた青山学院が、この地に横須賀分校として「専門部機械科と土木建築科」更に「第二高等部」を発足させるに至ったのです。
ところが、戦禍を被った渋谷キャンパスの復興に追われた青山学院は、この学校の維持が困難となり、横須賀からの撤退を余儀なくされました。そして地元の教会関係者の協力で、新たに「横須賀学院」として再スタートすることになったのです。

   
 
 
 古 坂 嵓 城    安 井 正 男
青山学院第10代院長。青山学院女子専門学校長時代の1947年(昭和22年)2月に横須賀分校設立の責任者となり、同年6月専門部機械科と土木建築科を、翌年4月に第二高等部を設立。青山学院の院長職引退後、1961年(昭和36年)4月、横須賀学院第2代院長に就任した。「敬神 愛人」の基本精神を制定。プールの建設・食堂の設置など教育環境の整備に尽力した。 青山学院横須賀分校に設置された第二高等部の部長。財団法人横須賀学院設立時の理事。1950年(昭和25年)、横須賀学院としての再スタートに当たり、主事として勤務し、青山からの引き継ぎと新設学校の諸分野の整備・充実に腐心した。
篤き信仰心と理想に燃える、小・中・高の校長を兼務した横須賀学院初代院長の武部啓(日野原善輔の娘婿)のもと、日常の教育指導と学校運営の任にあたる。
   
 
   
 
1950年(S25) 旧海軍工機学校跡地に、横須賀学院中学校・高等学校開校(4月)
初代理事長小崎道雄、初代学院長・校長武部啓


1950年 くすの木の植樹式


1969年 体育館増改築


1978年 中高校舎落成


1985年 体育館落成

1985年 チャペル棟落成




2002年 くすの木開店

 

2007年 カウンセリングルーム

 


2010年 チャペル棟落成

1953年(S28) 旧木造体育館改修(10月)
1960年(S35) 第二代理事長松尾造酒蔵就任(9月)
1961年(S36) 第二代学院長古坂嵓城就任(1月)
1964年(S39) 旧高校校舎増築及び旧第一校舎改装(1月)
1965年(S40) クリスマス音楽会「メサイヤ」横須賀市文化会館にて初めて一般公演(12月)
1968年(S43) 生徒食堂開設(11月)
1969年(S44) 旧体育館の増改築工事完了(10月)
1970年(S45) 松尾理事長のまま、第三代学院長に就任(4月)
礼拝堂の改築及びグランドの大改修
1972年(S47) 斎藤忍高等学校長に就任(4月)
1978年(S53) 中学校・高等学校校舎落成(10月)
1979年(S54) 旧校舎跡地を中・高グランドとして完成(4月)
1980年(S55)
 
旧校舎4棟を全面改修し、2号館とする(8月)
創立30周年記念行事として講演会(中野好夫氏)を開催(10月)
「横須賀学院の教育」出版(12月)
1981年(S56) 紀要「いなほ」創刊号発行(4月)
1982年(S57) 斎藤忍高等学校長、中学校長兼務(4月)
1985年(S60)
 
チャペル改修(1月)
阿部志郎理事、理事長に、斎藤忍中・高校長、第四代学院長に就任(4月)
体育館落成(11月)
1989年(H元) 創立40周年記念行事として徳永兼一郎チェロリサイタル、杉山清貴コンサート、山下泰裕講演会等を開催(10~12月)
小学校校舎落成
1992年(H4) 那須黒磯に校外施設「星望山荘」開設
1994年(H6) 菊地敏弘中学高等学校長に就任(4月)
1996年(H8) 週五日制完全実施及び制服改定(4月)
井苅堯子小学校長就任
1997年(H9) 津田一路、第五代学院長に就任(4月)
1998年(H10) 1号館空調設備完成(8月)
2000年(H12) 創立50周年記念行事として
■吹奏楽部定期演奏会(3月)
■ビッグアート[人文字](5月)
■記念式典、感謝会、記念誌発行(6月)等を実施
2001年(H13)
藤野利夫が中学・高等学校長に就任(4月)
1号館北棟にPC教室・MM教室完成(8月)
2002年(H14) 選抜クラス設置(4月)食堂外部業者へ委託“くすの木”開店(9月)
國岡昭夫が第四代理事長に就任(11月)
2003年(H15) 高等学校1年生から新カリキュラム・3類型での学習始まる。
総合学習・学校設定科目等の特色
塩田征雄が小学校校長に就任(4月)
高等学校 オーストラリアで第1回国際交流プログラム(8月)
2004年(H16) 小学校・中学校・高校で二期制実施(4月)
2005年(H17) 小見山茂樹が事務長に就任(4月)
マリアットビル高校来訪、学院オーストラリアウィーク開催(6月)
2006年(H18) 3号館(中学棟)定礎式(3月)
4月から中学生の中学棟での生活が始まる
2007年(H19) 1号館1階にカウンセリングルーム設置(7月)
一貫クラスサイパン体験学習スタート
2008年(H20) 中学と高校学校に副校長制導入。中学校 マルタ共和国での語学研修(7月)
第2視聴覚室、第2音楽室大改修(8月)
2009年(H21) 学校法人青山学院と学校法人横須賀学院の「教育提携協定」締結(1月)
体育館奥に特別棟(小学校教室、営繕室、同窓会室)竣工(2月)
中学・高等学校3学期制へ回帰。高校1年次のみ土曜授業復活。(4月)
青山学院大学から新しい指定校推薦枠提示、7学部15名
全学部で高大連携授業の開始(7月)
2010年(H22) 井苅堯子、第六代学院長に就任
創立60周年記念事業 チャペル棟落成(6月)
60周年記念式典(10月)
2011年(H23) 新年教職員始業礼拝で青山学院山北宣久院長が説教(1月)
東日本大震災(3月)計画停電、新チャペルでの初の卒業式挙行
春休み児童生徒活動自粛。新入生オリエンテーション校内実施
2012年(H24) 学校法人青山学院との教育提携の更新、双方の院長同士で協定書に調印(2月)
保々和宏が第五代理事長に就任(4月)
オーストラリア・マイアミ州立高校生34名来訪、「ブリッジング・ワールド・トウゲザー」(9月)
2013年(H25) 小学校校長に仲井宣雄が就任(4月)
青山学院との教育提携強化、提携校推薦入学枠を新設(7月)
2014年(H26) 横須賀学院の「ミッションステートメント」制定(1月)
横須賀学院(小学・中学・高等学校) いじめ防止基本方針施行(7月)
文化功労者廣川信隆先生(小8期卒)、小中高の児童生徒対象に、ホームカミング講演(7月)
オーストラリア・マイアミ州立高校生28名来訪。横須賀学院・マイアミ州立高校 友好親善協定調印(9月)
横浜薬科大学と学院高校との間に、教育研究交流に関する協定書締結(9月)
6年経過した青山学院大学との教育提携の向こう3年間の更新を確認(12月)
2015年(H27) 神奈川歯科大学と学院高校との間に、教育研究交流に関する協定書締結(3月)
神奈川大学と学院高校との間に、高大連携協定書・出張講義に関する覚書・特別
聴講学生の受け入れに関する覚書締結(11月)
2016年(H28)

科学教育センター発足(2月)
学習室・チューターズルーム・PC教室全面改修(8月)
ドリームプロジェクト実現~生徒会によるトイレ全面改修の要望を受け、生徒会執行部、高校管理職と生徒会顧問、事務当局、業者と共に、「ドリームプロジェクト」と名付けたトイレ改修委員会を組織、1号館南棟・北棟の全トイレの全面改修実現。(8月)
東洋英和女学院大学(池田明史学長)と学院高校との間に、教育研究交流に関する協定書締結(9月)
女子制服にズボン(夏・冬用)を追加(9月)
恵泉女学園大学(大日向雅美学長)と学院高校との間に、教育研究交流に関する協定書締結(10月)中学高校吹奏楽部が第2回全日本ブラスシンフォニーコンクール(高校の部)で優勝(12月)