保護者が参観する学校行事には、
     どのようなものがありますか?
保護者会・授業参観のほかに、運動会や音楽発表会などの全校行事があります。また、横須賀学院PTAが組織されており、各クラスより学級委員を選出します。この役員は、様々なPTA活動にご協力頂くもので、保護者の皆様に担って頂くようお願いしています。
   
 入学試験について教えてください。
入学試験は、お子さんの知的面・行動面・心理面の三領域、および保護者の方との面接をもって、総合的に判定をしています。試験の結果から、6年間在学する中でどのように力をつけ、伸ばすことができるかを多角的な視点から推し量らせて頂きます。具体的拡内容としては、集団で行う知能検査、巧徹性をみる制作、集団での協調性をみる行動観察、そして面接形式で行う個人検査と、受験者同伴で行う保護者面接があります。
   
 転入学はできますか?
学級定員に余裕がある場合に転入学試験を実施します。試験は前期末(後期入学)と後期末(新年度4月入学)の2回行います。ただし、遠方からの転居による転入学を希望される場合には、 随時試験日を設定します。募集学年は5年生までですが、 5年生は前期末試験が最後の受験の機会としています。海外からの編入学を希望される場合も、転入学試験要領に準じます。どちらの場合も「保護者、お子さんと校長とで面談の上、受験を許可された場合に出願が出来る」と要項に定めております。ご希望の場合はまずご連絡下さい。
   
 制服について教えてください。
本校の制服は、夏服と冬服の二種類があります。こちらに写真がございます。シャツは活動しやすいポロシャツで、男子は半ズボン、女子はスカートを着用します。セーターやベストも必要に応じて着用し、冬服はブレザーやオーバーコートがあります。夏服は制帽をかぶります。また女子はワンピース型もあり、ポロシャツとスカートの組み合わせのいずれかの服装で通学します。靴下はハイソックスとソックスがあり、通学靴はローファーです。これらは全てが制定品です。
   
 防犯対策について教えてください。
本校に2つある門にはそれぞれ門衛がおり、防犯カメラも設置され、校内への来校者の出入りの確認をしています。 門衛所には緊急通報装置が設置されており、万が一不審者が侵入した場合は、すぐに各校へ連絡が入るようになっています。各教室やトイレ等約30力所にも、これとは別の緊急通報装置が設置されており、非常時にはすぐに職員室で確認ができ、職員が現場へ急行する体制をとっています。さらに、校内にも防犯カメラが設置され、警察直通の非常通報システムも設置されており、二重三重の防犯システムを構築しています。
   
   
   
   
   
   
 防災対策について教えてください。
東日本大震災を教訓とし、横須賀学院危機管理マニュアルを再確認し、避難場所の再検討や必要な備品の購入を進めています。およそ2ヶ月に一度行われる避難訓練は地震や津波、火災等様々な災害を想定した訓練を実施しています。保護者の方へ迅速に正確な情報をお伝えできるよう、緊急時メール一斉配信システムを構築しています。このメールと同じ情報を本校ホームページにも掲載し、メールが届きにくい場合も、ウェブアクセスにより情報の確認が取れるようになっています。
   
 昨今の世の中、遠方からの登下校が心配です。
児童一人ひとりが携帯しているICタグを昇降口のリーダーにかざすことで、保護者に登下校時刻をお知らせする「登下校時メール配信システム」を導入しています。また、方面別下校グループが組まれており、荒天時など個人での下校が心配される状況の場合は、教師引率の下それぞれグループごとに下校します。三浦半島各所を回るスクールバスも、児童の安全な通学の一助となっています。
   
 国際交流についておしえてください。
「フラットスタンリー・プロジェクト」「トラベルテディプロジェクト」をはじめ、様々なプロジェクトを通して様々な国や地域と活動しています。また児童会がバングラデシュとの交流などを毎年実施しています。また、小中高一貫校であるために、高校で活動している交流に小学校が参加することもあります。高校が相互交流しているオーストラリアの高校生が来日する時には、小学生有志の家にホームステイをしたり、小学校の授業で交流イベントを行っています。
   
 中学高校で海外留学をする生徒がいると聞きました。
海外へ留学する生徒が増えてきています。小学校から培った国際感覚が高校生で花開くのを見るのはとてもうれしいことです。それも今年はコスタリカ、昨年はアルゼンチンと、以前は欧米中心だった留学先からこれまでになかった地域を選ぶ生徒が増えています。
また、小学校で永らく支援を続けているバングラデシュへのスタディツアーに参加する生徒も多く、発展途上国の生活を体験することでこれまでの自分の生き方を見つめ直し今後の進路に結びつけている生徒も少なくありません。
   
 昼食はどのような形式ですか?
昼食はご家庭から持参するお弁当が基本です。冬場は温蔵庫で温めていただきます。また、2016年度から、週2回(火曜日・金曜日)の全員給食「すくすくランチ」が始まりました。学校にあたたかくて、栄養バランスのとれたランチボックスが配送され、みんなで給食をいただきます。その他の曜日も一ヶ月ごとに、各家庭から「すくすくランチ」を簡単にWeb注文することができます。
   
 キッズスクエア「のびのび」について教えてください。
横須賀学院小学校のキッズスクエアは小学校の補助教育活動として位置づけています。今を生きる子どもたちに求められているのは、放課後を有意義に過ごす子ども社会の充実です。そのため教育的な営みを年間の計画を通して構築しています。単に保護者のお迎えがあるまでの時間を過ごすためのものではありません。また夏冬春休みなどの長期休暇中には日課を定め、長期休暇ならではのさまざまなプログラムをこなしながら、子どもたちの成長を促す教育的な営みをしています。