建学の精神「神を敬い・人を愛する」の源である聖書の教えに耳を傾け、神に愛されている一人ひとりの存在のかけがえのなさに思いを寄せつつ、祈りと賛美の心をもって一日の学校生活を始めます。
 礼拝は、教師の司会だけではなく、5・6年生の宗教委員による礼拝も行われます。また、クラスごとに行うホームルーム礼拝でも、子ども達が役割を担うことがあります。全学年週1時間の「聖書の授業」では、聖書の示す人間観、価値観にふれて、学校生活のすべての場面で人間としてのよりよい生き方に気づかせ他者への思いやりの心と実践を育みます。

 
 

 
 キリスト教教育週間・特別礼拝 6月  花の日礼拝・訪問 6月  収穫感謝礼拝・訪問 11月
 6月9日の創立記念日を含む一週間を「キリスト教教育週間」とし、外部講師の先生にお話をしていただく機会も設けています。小学校では宗教委員が中心となって、「隣人愛献金」に取り組みます。  自然の中にあふれている神様の恵みに感謝することから始められたとされる「花の日礼拝」。皆でお花を持ち寄ってチャペルに飾って礼拝を捧げたあと、感謝の気持ちを花束にして日頃お世話になっている方々に届けます。  果物を持ち寄って、秋の実りを神様に感謝する「収穫感謝礼拝」。昼休みや放課後に、日頃お世話になっている方々の所を訪ね、感謝の気持ちを込めて祝福された収穫物を届けます。
     

 

 


 ツリー点灯式 11月  クリスマス礼拝 12月  ページェント 12月
 小学校から高校まで、学院全体でクリスマスを迎える準備の始めとして捧げる礼拝です。讃美歌やお祈りを捧げた後、正門横に掲げられたツリーに灯りがともります。横須賀学院のクリスマスシーズンのスタートです。  クリスマス礼拝には、講師の先生をお招きして礼拝をおささげします。この礼拝の中で、全員で取り組んだ隣人愛金の奉献をします。  イエス・キリストの生誕をお祝いするページェントを、小・中・高合同で礼拝としてお捧げしています。礼拝堂に集う全員が各々の役割を担い、救い主誕生の出来事が表現されていきます。
     

     
   
     

 

 


 点字  車椅子  手話
 3年生以上の聖書の時間の中に組み込んで行っています。「点字」「手話」「車いす体験」「補助犬」についての学習などを、テキストで学習するのではなく、実際にその生活をしていらっしゃる方々をお招きし、お話を伺いながら学習を進めます。多くの方々と接し、学ぶ中で、相手を思いやる心、そして隣人を愛する心を育んでいきます