世界の隣人と共に生きる。運用できる英語力を育てる。

経済のグローバル化が進行し、これからの世界を担う子どもたちには、コミュニケーションツールとしての英語を用いて生きていくことが求められています。運用できる英語力は、学校の中だけでは身につきません。そのため、国内・国外の語学研修を複線化し、英語を使わざるを得ない環境をできるだけ多く与えることに力を注いでいます。

 
6年間の流れ